読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもしてるっ!!ブログ

「かもしてる」とは「独特の雰囲気を醸し出している」の醸すから取りました。いい雰囲気をかもしてるっ!儲りそうな雰囲気をかもしてるっ!ヤバい雰囲気をかもしてるっ!世の中にあるかもしてるモノ・コトをシェアしていきます!

日本三大ドヤ街のひとつ寿町に潜入してきた。そこには凄い世界が広がっていた。

f:id:sales-supplements:20170225152415j:plain
こんにちは。


今日はドヤ街について。
実際に現地にも行ってみましたので、最後まで読んでね!

今日の目次

ドヤ街とは

ドヤ街なんて始めて聞いたという人もいるかもしれませんね。
まずはwikipediaを引用してドヤ街についての知識をどうぞ。
そんなもん知っとるわいという方は飛ばして読んでください。

ドヤ街(ドヤがい)とは、日雇い労働者が多く住む街のこと。「ドヤ」とは「宿(ヤド)」の逆さことばである。旅館業法に基づく簡易宿所が多く立ち並んでいることからきている。東京の山谷、大阪のあいりん地区、横浜の寿町が特に有名である。
戦後の高度成長期、日雇いの仕事を斡旋する寄せ場に日雇い労働者が多く集まり、彼らが寝泊りする簡易宿所寄せ場の周辺に多く開設されることでドヤ街が形成された。いわゆるスラムとは異なり、その地域全体が日雇い労働者のドヤで占めているわけではなく中産階級の住宅も存在しているのが大きな特徴である。そして住民構成も独身の男性の中高年者が多数を占めている点が、戦前の日本の貧民窟や第三世界のスラムとの違いである。この様な住民構成から、人口の再生産が行われず、街自体は活気が失われているが、その反面諸外国のスラムに見られるような治安や犯罪発生率の高さといった問題は顕在化していない。とはいえ、スラム同様に日雇い労働者に対する貧困克服政策が求められている。 wikipediaより


そんなわけで日本で最も有名なドヤ街は大阪のあいりん地区であろうと思われますが、東京の山谷も有名ですね。
意外と知られていないのが神奈川県横浜市にある寿町です。


寿町は京浜東北線石川町駅を降りてすぐにあるドヤ街。
すぐそばには有名な横浜中華街があります。
中華街に行ったことがある人は実は寿町のすぐそばに行っていたということです。


f:id:sales-supplements:20170225140920j:plain
地図で見ると中華街の左下に寿町があるのが分かります。
ダイワロイネットホテルの左側にある緑の場所は横浜スタジアムです。

実際どんなところ

実際どんなところなのかということで、先日突撃して参りました。

f:id:sales-supplements:20170225141101j:plain
石川町駅に到着。ドヤ街に今から行くと思うと駅も普段よりかもして見えます。


f:id:sales-supplements:20170225141155j:plain
改札を出て中華街とは反対の方向へ歩き出します。


f:id:sales-supplements:20170225141248j:plain
このガードをくぐって少し歩けばそこが寿町です。


f:id:sales-supplements:20170225141337j:plain
寿町に入ってすぐにこの張り紙がありました。
分かる人には分かる求人ですね。大阪でもこんな張り紙を見た気がします。


f:id:sales-supplements:20170225142422j:plain
定番の安い自販機。
ネットに出ている50円の自販機が見つかりませんでした。残念。


f:id:sales-supplements:20170225142531j:plain
ドヤ街はチャリの街。寿町も自転車が大量に駐輪してありました。


f:id:sales-supplements:20170225142633j:plain
1本路地に入るとそこには異世界が広がっていました。
昼間から営業しているお店もちらほら。
ちょっと入るには勇気がいりそうです・・・


f:id:sales-supplements:20170225142751j:plain
元気の出そうなお店もありましたが残念ながらまだ開店していませんでした。


ところどころおっちゃん達が集まって談笑しています。
中には寝転がっている人もちらほら。
道ばたにたまに高級車が停まっているのですが、なんだか恐くて直視出来ませんでした。

違法賭博場?

寿町をプラプラ歩いているとおっちゃんが新聞片手に頻繁に出入りしているお店がちらほら。
中をのぞいてみると画面に競輪などの映像が・・・
どうやら賭博場のようでした・・・


恐くて写真は取れなかったので、気になる方は下の動画をどうぞ。
ジョーブログのジョーさんが寿町を突撃した時の動画です。



【日本三大ドヤ街】寿町に行ったら違法賭博場だらけだった

あいりんと同じく不法地帯になっている部分もあるようです。


f:id:sales-supplements:20170225143511j:plain
おっちゃんがアイドルと呼んでいた猫


ちょっとだけインタビュー

ちょっとだけインタビューしてみました。
そんなもん知らんわ!と一蹴されることもありましたが・・・
今日はとある簡易宿泊所の方に聞いたお話を最後に掲載しておこうと思います。


寿町にある簡易宿泊所は現在120軒ほど、外国人旅行者を泊めるところもあるだろうけど、おっちゃんのところは基本泊めてないらしい。
最近ではネット環境が整っている宿も出てきているとか。昔はテレビがありゃ十分だったけどよとのこと。
寿町も昔は若い人が多かったけど、今は60以上のおっちゃんが大半、仕事もなかなか無いのだそう。
結果大半のおっちゃんが生活保護で暮らしているのだとか。


簡易宿泊所の料金が安いのは生活保護の住宅扶助の金額に併せているからだそうです。
大半の簡易宿泊所がだいたい2000円から2300円の間の価格設定になっている。
確かに言われてみればそれぐらいの値段の宿ばかり。
ネットが使えてこの値段はかなり安い・・・


6,6000円位で部屋を貸しますという張り紙もちらほら見るのだが、それも簡易宿泊所みたいなもん。おっちゃん談。
最近増えているのは介護系サービスらしい。たしかにエプロンをつけて車いすを押している人が多い。
デイサービス系の看板もよく見る。これは寿町で暮らすおっちゃん達の平均年齢がかなり上がってきているから。
このままだとこの街はどうなるのやらとおっちゃんも嘆いておりました。


f:id:sales-supplements:20170225145222j:plain
もともとは街の真ん中にあった福祉会館も解体がはじまっており、新しい施設が創られるようです。
寿町のシンボルだった福祉会館の生れ変わりとともにこの寿町も新しいステージに入るのか。
今後の動向にも注目です。


今回撮りきれなかったところもあるので、また行きます寿町。
もしチャンスがあれば実際に泊まってみようかな。
次回にご期待ください!


明日もよろしゅう。